映画ネタバレまとめ

映画ネタバレブログです。主に、映画などに関する意見や評価、反応をネット上から集めてまとめてみました!一部ネタバレ要素も含みますのでご注意を!

    映画『囚われた国家』の画像
    2019年、イリノイ州シカゴ。エイリアンに地球が占領されてからというもの、同市では戒厳令が敷かれていた。そんな中、ドラモンド一家は監視の目をかいくぐってシカゴから脱走しようとしたところ、エイリアンに見つかってしまった。エイリアンは両親をその場で殺害したが、子供2人(ガブリエルとレイフ)はお咎めなしとした。

    2027年、地球はなおもエイリアンたちの統治下にあり、体制に反抗的な人間は容赦なく始末されていた。それでも、エイリアンの強権的な支配に対抗すべく、レジスタンスを結成する人々もいたが、エイリアンたちは地下空間のどこかに身を隠しており、彼らの居場所を突き止めることすらできない有り様であった。成長したガブリエルもそんなレジスタンスの一員として活動していたが、彼に目を付けている者が一人いた。それはシカゴ市警に所属するマリガンであった。世間は「レジスタンスなんて無力だ」と考えていたが、マリガンは彼らを脅威と認識していたのである。

    映画タイトル:囚われた国家(原題:Captive State)

    監督・脚本・製作:ルパート・ワイアット

    キャスト:
    ジョン・グッドマン
    アシュトン・サンダース
    ジョナサン・メジャース
    ヴェラ・ファーミガ
    (C)2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
    1名無しの映画評論家2020-11-02 04:11:10ID:SS1KYjhnWUIt
    マリガンが、カッコ良すぎて鳥肌が止まらなかった
     
    2名無しの映画評論家2020-10-09 02:07:25ID:Rjg5RmN5VVMy
    エイリアンが人間と思考の次元がさほど変わらないことに違和感

    未来から来た人類なのだろうか
     
    57名無しの映画評論家2020-12-04 20:44:06ID:NUN1MGJSOWlR
    まぁ確かに
    てかこういう「侵略者に征服された終末世界に抗う人類」のSFって悉く侵略者側はそんなに賢くないよねw
    人類に勝てるレベルの知能と肉体レベルが設定の土台にあるのに詰めが甘すぎる……
     
    58名無しの映画評論家2020-12-17 13:40:31ID:OFNVYzJ4Rk9n
    2000年前の人類と今の我々が根本的な精神面で大きな違いが無いと言われるように1000年進歩した相手でも思考の次元がそこまで違わないかも知れない
     
    61名無しの映画評論家2021-02-11 09:35:23ID:VHdqeXdtTTd0
    生活水準や文明力は上がったかもしれないけど、個人個人は昔のままってことでしょ。

    あまり関係ないんだけど、面白い豆知識だと思うのがあって。

    古代に生きてた、人に連なるある種族の話。

    今の人間より頭の容量が大きくて、力も強かった種類がいたらしい。

     だけど性質上(強いものは少数行動する)少数を好んだこと、一人一人が強かったから(そこそこの道具で生きられた)道具の発展が遅れたことが原因で、人類の生存競争で滅びたらしい。
     
    3名無しの映画評論家2020-10-26 14:09:59ID:LVdNdmpVZTI0
    マリガンの最後がくっそかっこよすぎて泣いた
     
    4名無しの映画評論家2020-09-25 22:41:55ID:aHp0Rkg1UlV0
    エイリアンが強者や知的生命体に見えないところが、展開の恐怖感を煽っているように感じた。
     
    5名無しの映画評論家2020-10-20 23:43:19ID:b0hiOGlCbTBU
    この映画、ティザーで巨大なダグラム出てきてそっち系SF目当ての人たちからの評価が低かったけど、内容は骨太のハードボイルド作品で男の決意が感じられたいい映画だった。
     
    7名無しの映画評論家2020-10-18 13:44:56ID:T3ltQVZ3d2xq
    本当はエイリアンなんか居なくて効率よく支配するシステムってオチかと
     
    74名無しの映画評論家2021-01-23 17:43:52ID:TDM4N1paVkNn
    そのオチのほうが面白いな
     
    75名無しの映画評論家2021-03-08 13:39:03ID:aHZJbHpQSGda
    そのオチの方がいいって言われたいがためのコメントなんバレバレやで
     
    73名無しの映画評論家2020-12-31 10:01:26ID:LTNDRGl4cjdu
    劇中、がっつりエイリアンさん出てきますよ。
     
    76名無しの映画評論家2021-03-13 15:33:30ID:WW11Y211bGw4
    なんかそんなアニメを昔見た気がする
     
    8名無しの映画評論家2020-10-06 11:20:37ID:U3JneThRWDNt
    透明な爆弾で、身に纏ってるときの覚悟を決めたときの顔がグッとくる!
     
    9名無しの映画評論家2020-11-02 08:30:04ID:dlpmRVU5Ni1G
    SFも好きだしディストピアも好きだからありがたい
     
    10名無しの映画評論家2020-11-16 21:16:08ID:UGFwa3o2T3U0
    どんでん返しまでお話しして「観てくれよな!」って難しいよね
     
    11名無しの映画評論家2021-02-28 05:58:53ID:VFozTUdpa2lY
    派手さはないけれど、心にくる内容だ。
     
    21名無しの映画評論家2020-09-26 13:52:57ID:ZklaNzBaNGtJ
    何か軸がふわふわしてる印象
    最後のとこはわりと好きだけど
     
    24名無しの映画評論家2021-01-09 23:38:01ID:UE5YQkJFMHBM
    感動のラストばい
     
    33名無しの映画評論家2020-10-11 12:56:24ID:aGVHSEFaR3Vv
    レジスタンスの名前とか全体的な展開から「世代交代」も一つのテーマに意図的に据えてる感じですね統治者もやられない限り恒久性を持ってる感じありますし
     
    86名無しの映画評論家2020-10-12 16:30:41ID:ZjE3dmVCeFE3
    そこら辺含めてベタな構成ですよね、この映画。
    少年誌とかでも良くあるパターン。
    GANTZとかね。
     
    35名無しの映画評論家2020-11-15 01:35:58ID:c0lic2pHTjJF
    エイリアンという正体定かならない何かが支配する監視社会
    ゼイリブに通じる現実社会の風刺を感じる
     
    36名無しの映画評論家2020-11-06 17:13:30ID:RlNLTlRLMDQx
    もちろんワイらは抵抗するで、拳で!
     
    87名無しの映画評論家2021-02-13 13:36:40ID:QzEtQWtfSE5N
    あのメガネみたいだなw
     
    38名無しの映画評論家2020-09-26 09:04:51ID:QXlUNUJnVG9s
    こうなるのはやだなぁ、こうなるぐらいなら人類全員対抗した方が良いね
     
    40名無しの映画評論家2020-10-16 07:51:43ID:QVFaX213WkxO
    正直、普通に映画の内容を考えると、エイリアンを少数倒したとしても、今度は間違いなく人間全体が【殲滅】される気がしてならない。とにかく空から支配されているのが【致命的】な気がする。
     
    44名無しの映画評論家2020-11-29 06:13:52ID:bk1OUWxMX3No
    支配の構図は必ず反抗者を生む。賢く狡猾な支配とは被支配者に支配されていると意識させない。
    重要な知識を隠蔽し井の中の蛙状態を維持する為、記憶を消し輪廻を繰り返させる。そう、この世界の話。
     
    48名無しの映画評論家2020-10-16 20:35:57ID:LVYxc2VoNlRf
    デブの中年オッチャンがモブじゃなく主役級の存在っていうのが良いよね
     
    50名無しの映画評論家2021-02-24 11:58:03ID:LVhISXRzOU5w
    もう既に世界は囚われいる。
    中獄狂惨党と云う悪夢のエイリアンによって。